綾鷹物語

第一話 新しい価値を提供する緑茶飲料開発への想い

「綾鷹」誕生秘話

コカ・コーラ社が、新しい緑茶飲料ブランド「綾鷹」を立ち上げ、製品の発売を開始したのは、2007年10月でした。綾鷹は、急須でいれたような「本物の味わい」が楽しめ、本物のお茶で得られるような上質で満ち足りた気持ちが味わえる製品を目指し、開発されました。
綾鷹の本格的な味わいを支えているのは「にごり」です。「にごり」は、それまでの透明な液色のPETボトル入りのお茶にはないものであり、このにごりのある緑茶飲料を市場に送り出すまでに、さまざまな課題に直面してきました。そして、綾鷹の開発に担当したメンバーひとりひとりが、その課題をクリアするために、数々のチャレンジを重ねてきました。
この章では、綾鷹の開発当時を振り返りながら、綾鷹の誕生の裏側を紹介してまいります。

2007年の発売時のパッケージデザイン

新しい緑茶飲料づくりへの挑戦

新しい緑茶飲料の開発へのチャレンジは、コンセプトづくりから始まりました。どのようなコンセプトの製品なら、消費者に受け入れられ、新たな市場が築けるのだろうか……。製品企画の担当者が、さまざまなコンセプトを検討し可能性を模索していた時、ひとつのアイデアが浮かびました。
それは、ふだん自分が飲んでいる、あの急須でいれたような緑茶の味わいをPETボトルで実現できないだろうか、というシンプルなアイデアでした。
しかし、PETボトル入りの飲料で、急須でいれたような緑茶の味わいを実現するには限界がありました。それでもなんとかして、あの緑茶の甘みや旨み、程よい渋みと苦味、舌に余韻が残るバランスのとれた味わいが実現できないだろうか、担当者の想いが新しい製品の開発へと突き動かしました。

綾鷹の章

  • 第一話 新しい価値を提供する緑茶飲料 開発への想い
  • 第二話 「上林春松本店」との運命的な出会い
  • 第三話 「本物の味わいの緑茶飲料」を目指して
  • 第四話 「綾鷹」ブランドの誕生
  • 最終話 「綾鷹」誕生への最後の関門

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ