綾鷹物語

第二話 「上林春松本店」との運命的な出会い

「本物」を求める旅で「伝統と革新」に出会う

2006年6月、新しい緑茶飲料開発を目指し、京都の名だたる老舗の茶舗に足を運んでいる中で、プロジェクトチームはある宇治の老舗茶舗と出会いました。それが、上林春松本店でした。
上林春松家は、創業450年の歴史を誇り、宇治茶のみならず日本のお茶文化を支えてきた由緒ある茶舗です。現在、上林春松本店では、抹茶工場の一般見学や宇治・上林記念館の一般公開を行っており、お茶への知識を深めるために、プロジェクトメンバーで訪れたのでした。

その日は、偶然にも、上林春松本店の代表取締役である上林秀敏氏(以下、上林社長)が抹茶工場見学や店舗の案内をしてくれ、上林春松本店について説明を受けました。また宇治・上林記念館にも立ち寄り、上林春松家の歴史を物語る貴重な品々に触れ、上林春松家への理解を深めたのでした。

上林社長の説明を伺い、宇治・上林記念館に収蔵されている日本のお茶の文化を物語る貴重な数々の品々を目のあたりにしながら、プロジェクトメンバーは上林春松本店の歴史や伝統、お茶作りに対する姿勢に深く感銘を受けました。そして、さまざまなお話を伺う中、プロジェクトメンバーの心に響いた言葉がありました。「上林春松家は、いつの時代も伝統や文化を守りながら新しい挑戦を続けてきた、いわば伝統と革新の歴史なんです」。伝統と革新――その言葉が、プロジェクトメンバーの一人ひとりの心に刻まれたのでした。

上林春松本店 代表取締役 上林秀敏氏

綾鷹の章

  • 第一話 新しい価値を提供する緑茶飲料 開発への想い
  • 第二話 「上林春松本店」との運命的な出会い
  • 第三話 「本物の味わいの緑茶飲料」を目指して
  • 第四話 「綾鷹」ブランドの誕生
  • 最終話 「綾鷹」誕生への最後の関門

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ