綾鷹物語

第三話 「本物の味わいの緑茶飲料」を目指して

「にごり」にこだわる

コカ・コーラ社の緑茶飲料の研究開発部門は、「本物の味わいの緑茶飲料」を新たに生み出すための開発に着手していました。
開発に際し、企画担当者からは、「自分たちが日ごろから親しんでいる急須でいれたような味わいの緑茶ができないだろうか。とにかく味わいにこだわった緑茶飲料を開発してほしい」という要望が伝えられていました。
「急須でいれたような緑茶」とはどのような緑茶であるべきか…?しかし、その時、開発担当者の頭の中には、すでに明確なひとつのアイデアがありました。
それは、「にごり」のある緑茶飲料でした。
PETボトルの登場以来、緑茶飲料は製品の安定性を考慮して、急須でいれた緑茶にはある「にごり」を取り除いた透明な液色の製品が製造されてきました。
しかし、PETボトル入りの緑茶から取り除かれている「にごり」にこそ、緑茶本来のおいしさがある、あの「にごり」を何とかPETボトル入りの緑茶で再現できないだろうか、と開発担当者は考えたのでした。

20年間温めていた想い

新しい緑茶の開発に携わっていたのは、20年間、緑茶飲料開発一筋のベテラン開発者でした。その製品開発担当者がずっと温めていたアイデアの緑茶飲料、それが、まさに「にごり」のある緑茶飲料だったのです。
一般的にPETボトルの緑茶は、茶葉から抽出したお茶のにごりを取り除き、透明な液色にする工程を経て製造されています。しかし、液色を透明にすることと、お茶の旨味を残すことは相反することであり、急須でいれた緑茶のようなふくよかな旨味を残しながら、透明な緑茶飲料をつくりだすのは、技術開発的にとてもハードルの高いことだったのでした。
この開発担当者は、当時、ちょうど定年を翌年に控えたタイミングでもあり、研究開発者最後の仕事として、また自分の緑茶作りの集大成として、緑茶本来の「にごり」を持ち、味わいにとことんこだわった緑茶づくりに挑戦してみようと決心したのでした。

試作品開発の過程において、透明な液色も含め、様々な「にごり」のバリエーション、旨味、渋味、甘みのバランスの異なるものなど、最終的に100を超える試作品が開発されました。
自分たちの目指す本物の緑茶飲料の味わいを模索しながら、企画部門と研究開発部門のプロジェクトメンバーによる試飲と改良が繰り返されました。そして、何度かの試飲会を経て、ようやくプロジェクトメンバーが目指す味わいが見えてきたのでした。

綾鷹の章

  • 第一話 新しい価値を提供する緑茶飲料 開発への想い
  • 第二話 「上林春松本店」との運命的な出会い
  • 第三話 「本物の味わいの緑茶飲料」を目指して
  • 第四話 「綾鷹」ブランドの誕生
  • 最終話 「綾鷹」誕生への最後の関門

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ