綾鷹物語

最終話 「綾鷹」誕生への最後の関門

困難を極めた「にごり」の実現

さまざまなチャレンジに立ち向かい、難題を解決し、新しい緑茶の味わい、ブランド名、ボトル、パッケージデザインといった製品を構成する要素がようやく決定し、次なるステップは、この製品を全国のコカ・コーラボトラー社の工場で製造できるようにすることでした。綾鷹の開発は、常に新しい課題の連続でしたが、もっとも困難を極めたのが、今までの緑茶飲料では取り除かれていた「にごり」を実際の製造現場でコントロールし、一本一本の製品できちんと再現できるようにしながら、従来の製品と同様に大量生産できるようにすることでした。

綾鷹の開発当時は、製品の製造効率と品質管理の観点から、緑茶飲料はいかに不純物を取り除き透明な液体の製品を製造するかということが重視されていました。また、消費者もPETボトル入りの緑茶といえば透明なもの、という認識が定着していました。そんな中、綾鷹は、急須でいれた緑茶にはあるけれども、PETボトル入りの緑茶からは取り除かれていた「にごり」を再現しようとしていたのでした。
大量生産においては、より透明な液体の製品を製造するという技術には長けていましたが、緑茶にあるにごりを再現するというのは、従来の清涼飲料水の製造においては前代未聞のことでした。研究開発部門とブランドの担当者が、製造技術担当者にこの新製品の開発の話を持ち込むと、担当者は難色を示し、返ってきたのは「にごりのある製品を商業ラインで安定的に製造するのは、オリンピックに出場するより難しい」という言葉でした。

研究開発担当から最初に提案されたのは、濃いにごりのある製品でした。しかし、濃いにごりがあると、製造工程上の加熱殺菌の工程で焦げつきが生じてしまいます。その焦げつきを取り除くためには、製造を止めて洗浄を行わなければならないため、生産効率を低下してしまう可能性がありました。本格的な味わいとにごりをできる限り忠実に再現したいという研究開発担当者と、効率的に安定した品質の製品を製造したいという製造技術担当者との間でせめぎ合いがあり、なかなか折り合いのつかない日々が続きました。しかし、これまでに実現したことのない新しい緑茶を作りたい、という両者の想いは一致していました。どのようにすれば効率的に安定した品質の製品を提供できるか、両者でアイデアを出し合い解決策を模索する日々が続きました。
またこの難題に対し、製造技術担当者が協力を惜しまなかったのにはもうひとつ理由がありました。製造技術担当者たちもコカ・コーラ社一筋のメンバーであり、研究開発の担当者をよく知っていました。綾鷹はこの研究開発担当者が二十年以上にわたり温めていたアイデアであり、コカ・コーラ社における最後の集大成として開発していたのでした。「急須でいれたお茶の味わいに近いPETボトル入り緑茶飲料で作りたい」という開発担当者の真摯な想いと熱意を身をもって感じた製造技術の担当者たちは、これまで一緒に苦労をともにしてものづくりを行ってきた仲間として、この「綾鷹」で有終の美を飾ってほしい、飾らせてあげたい、、、、という想いがあったのでした。

綾鷹の章

  • 第一話 新しい価値を提供する緑茶飲料 開発への想い
  • 第二話 「上林春松本店」との運命的な出会い
  • 第三話 「本物の味わいの緑茶飲料」を目指して
  • 第四話 「綾鷹」ブランドの誕生
  • 最終話 「綾鷹」誕生への最後の関門

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ