綾鷹物語

第一話 戦国の覇者、信長と上林家

上林春松本店の歴史と日本の偉人たち

京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」には、十四代にもわたる450年の長い歴史があります。そこにはお茶の文化の変遷とともに、信長、利休、秀吉、家康など、日本史を彩ったさまざまな人物が関わる出来事が数多く刻まれています。この章では史実を遡りながら、上林春松家の現在までの歴史を辿っていきます。

上林春松本店に今も残る茶師の独特の建築物である長屋門

創業450年。宇治の老舗茶舗・上林春松本店

上林春松本店の歴史は、今から約450年前に遡ります。初代上林春松により創業されたのが、永禄年間(1558〜1570年)の頃。当時、室町幕府の権力は失墜し、戦国の動乱の中で、織田信長がその勢力を強めていました。
元来、上林家は、丹波上林郷(現在の京都府綾部市)の豪族でしたが、初代上林春松の父にあたる上林久重(ひさしげ)が宇治に移り住んで茶業に携わるようになります。
それが、宇治のお茶と上林家の結びつきの始まりです。その後、久重の4人の子息である久茂(ひさもち)、味卜(みぼく)、春松(しゅんしょう)、政重(まさしげ:後の竹庵)がそれぞれ一家を興し、そののち上林春松家が宇治を代表する茶師の後裔として茶業を営みながら今に至っています。

上:宇治の茶師一覧 下:上林家 家系図

上林春松本店の章

  • 第一話 戦国の覇者、信長と上林家
  • 第二話 太閤の御茶頭取・上林家の誕生
  • 第三話 利休・織部・遠州が愛した上林家の茶
  • 第四話 上林、茶の天下をとる
  • 第五話 御茶壷道中の栄誉、そして挑戦の時代へ
  • 最終話 上林春松本店、親子二代が語る「上林春松本店と綾鷹」

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ