綾鷹物語

第四話 上林、茶の天下をとる

宇治の茶師、家康を救う

織田信長、豊臣秀吉とさまざまな関わりがあった上林家は、徳川家康とも深い結びつきがありました。今からちょうど430年前の天正10年(1582年)6月、信長が討たれた「本能寺の変」に際しても、家康と上林家の興味深い逸話が残されています。

現在の大阪にあった商業都市、堺に見物のために滞在していた家康のもとに本能寺での変報が届くと、家康は明智光秀勢の攻撃から逃れるために堺を後にします。その時、木津川堤藪(やぶ)の渡し(現在の京都府木津川市山城町鳥居付近)から信楽(しがらき)へ家康の道案内役を務めたのが、初代上林春松の兄である上林久茂(ひさもち)ら宇治の茶師たちでした。家康は久茂らの貢献により、信楽から伊勢を通り、無事に三河に戻ることができました。この時の上林家の功績がきっかけとなり、それ以降、上林家と家康は親交を深めていくことになります。

徳川家康肖像画(大阪城天守閣蔵)

茶筅(ちゃせん)を旗印にして戦いへ

その上林久茂と初代上林春松の弟にあたる上林竹庵(ちくあん)は、仕官の道を選び徳川家康に仕えており、三河の土呂(とろ)郷(現在の愛知県岡崎市)の知行権を与えられていました。しかし、しばらくして竹庵は宇治に戻り、茶道を志し、茶の湯を利休から学んでいました。

竹庵が宇治に戻った後の慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの前哨戦となる「伏見城の戦い」が起こります。この戦いに際して、竹庵は、旧主である家康の恩に報いるべく、家康を総大将とする東軍に加わりました。その出陣で竹庵が旗印にしたのは、茶道具の茶筅(ちゃせん)だったといわれています。家康が会津攻めのために東へ赴いている間に、伏見城に西軍の軍勢が大挙して押し寄せました。竹庵は、家康の家臣で伏見城の城主の鳥居元忠(もとただ)らとともに伏見城に籠もります。城を守る東軍は1,800人ほどなのに対し、包囲した石田三成らの西軍は総勢約4万人の大軍でした。

上林竹庵像(宇治・上林記念館蔵)

しかし、伏見城は豊臣秀吉が築き上げた堅固なつくりであるうえに、竹庵ら東軍の守兵が奮戦し、攻める西軍は大軍ながら苦戦を強いられます。攻防戦は熾烈を極めましたが、西軍の城攻めに増援隊が加わり、ついに伏見城は落城します。竹庵は、敵将の鈴木重朝(しげとも)の槍にかかって討たれ、元忠らと討死しました。竹庵の亡骸(なきがら)は、元忠の亡骸とともに大阪・京橋口にさらされましたが、竹庵・元忠両人から恩顧を受けていた京都の商人、佐野四郎右衛門が盗み出し宇治の平等院に葬ったと伝えられています。

上林春松本店の章

  • 第一話 戦国の覇者、信長と上林家
  • 第二話 太閤の御茶頭取・上林家の誕生
  • 第三話 利休・織部・遠州が愛した上林家の茶
  • 第四話 上林、茶の天下をとる
  • 第五話 御茶壷道中の栄誉、そして挑戦の時代へ
  • 最終話 上林春松本店、親子二代が語る「上林春松本店と綾鷹」

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ