綾鷹物語

第一話 日本人、茶と出会う

最澄、空海も茶をたしなむ

お茶は、茶の発祥の地、中国から伝来し日本でも飲まれるようになります。正史に残るものでは、平安時代の初期に編纂された歴史書『日本後紀』に弘仁6年(815年)、嵯峨(さが)天皇が行幸の途中で近江国(現在の滋賀県)のお寺に立ち寄り、そこで茶が献じられたと書かれています。また、遣唐使とともに唐に渡り仏教を学んだ最澄と空海も、嵯峨天皇と交わした句の中に茶のことを記しています。

しかし日本で当時飲まれていたのは、今日のお茶の姿とはかなり異なり、生茶を蒸して丸く餅状にした固形のもの。これから必要な量だけを切り取り火で焙(あぶ)ったあと、細かく砕き粉にしたものを煎じて飲んでいました。固形ではない散茶のかたちで飲まれるようになるのは、これより後のことです。

空海(弘法大師)肖像画

平清盛が交易を進めた宋から、栄西が新しい喫茶法を持ち帰る

大宰大弐(だざいのだいに)になった平清盛が博多に港を築き、その後も太政大臣として日宋貿易の拡大に努めていた仁安3年(1168年)、ひとりの僧侶が宋に渡ります。臨済宗の開祖として日本史にその名を残す栄西禅師です。栄西は、文治3年(1187年)に再び入宋し、それまでの固形茶とはちがい、茶葉を挽いて湯に入れて飲む新しい喫茶法を携えて帰国。その後、茶の栽培を推奨するとともに広く飲茶を勧め、のちに京都や鎌倉にお茶の文化を広めることになります。
栄西の大きな功績として忘れてはいけないのが、日本で最初の茶書とされる『喫茶養生記』を著したことです。本書は上下二巻からなるもので、上巻では茶の種類や喫茶の法、茶樹の栽培などが記されています。ちなみに下巻では、主に桑の効用と用法を説いています。完成したのは承元5年(1211年)だったと伝えられていますから、栄西すでに71歳の時でした。

栄西肖像画 建仁寺所蔵

お茶の章

  • 第一話 日本人、茶と出会う
  • 第二話 お茶の伝来と拡がり
  • 第三話 今日の煎茶ができるまで
  • 第四話 世界に広まる日本のお茶
  • 最終話 現代に伝わる、日本のお茶文化

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ