綾鷹物語

第四話 世界に広まる日本のお茶

日本の緑茶、世界へ

江戸から明治にかけて、全国各地で生産・製造されるようになった日本の緑茶は、海外でも人気を集めるようになります。緑茶の輸出が積極的に行われるようになったきっかけは、嘉永6年(1853年)のペリー長官が率いるアメリカ東インド艦隊の浦賀来航でした。これを受けて5年後の安政5年(1858年)には、日本はアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、オランダと通商条約である「安政五カ国条約」を結び、箱館・兵庫・神奈川・長崎・新潟の5港の開港を取り決めました。そして、翌年の安政6年(1859年)から緑茶は、重要な日本の輸出品として海を渡り、日本の茶業は大きな転換期を迎えます。

当時輸出されていたお茶のラベル 横浜開港資料館所蔵

緑茶の志士、大浦慶と清水次郎長

江戸期の鎖国政策の中で唯一、開港していた出島があった長崎では、老舗の油問屋の娘として生まれた大浦慶(おおうらけい)が、お茶の輸出貿易の先駆者として活躍します。安政3年(1856年)、イギリスの商人からお茶の発注を受けた大浦は、1万斤(約6トン)ものお茶を九州一円の茶産地をまわって集め、アメリカに輸出しました。これが日本茶の輸出貿易の先駆けとなり、成功を収めた大浦は一躍有名になり、坂本龍馬や大隈重信といった、当時の維新志士たちとも、親交が深かったと言われています。

緑茶の輸出は当初、大浦慶の活躍した九州が中心でしたが、徐々に大きな茶の産地である静岡からの輸出が増えていきます。明治32年(1899年)には、「安政五カ国条約」時の5港に次ぐ6港目として、静岡・清水港が、外国との貿易に使用される開港場に指定され、茶を取り扱う外国商社が数多く置かれるようになり、緑茶の主要輸出港として栄えます。清水港が輸出拠点となったことにより、茶生産の中心地が宇治から静岡に移ることになります。この清水港の発展に寄与したのが、幕末・明治の侠客(きょうかく)として知られる清水次郎長(しみずのじろちょう)でした。清水次郎長は、早くから清水港の発展のために茶の販路を拡大することを提案。蒸気船が入港できるように清水の外港を整備するよう訴えました。また、清水次郎長は、富士裾野の荒野を開墾する事業をおこし、茶園の造成を手がけました。

お茶の章

  • 第一話 日本人、茶と出会う
  • 第二話 お茶の伝来と拡がり
  • 第三話 今日の煎茶ができるまで
  • 第四話 世界に広まる日本のお茶
  • 最終話 現代に伝わる、日本のお茶文化

綾鷹物語

カテゴリートップに戻る

綾鷹の章 上林春松本店の章 お茶の章

ページ上部へ