紅茶辞典

世界の紅茶を知る

英国の紅茶

ミルクが先か、紅茶が先か?

ミルクティーを作るとき、ティーカップに注ぐのは紅茶が先か、ミルクが先か、イギリスでは昔も今も熱い議論が続いているようです。先にミルク派は「ミルクの分量が正確にわかり、紅茶を後から注ぐのでよく混ざって香りも良い」と言い、先に紅茶派は「ミルクの量を好みで調整しやすい」と言うのですが、さて、あなたはどちら派でしょう?

イギリスでは通じない、ストレートティー

イギリスではミルクを入れないでそのまま飲む紅茶をブラックティーと呼び、ストレートティーと言っても通じません。その理由は、紅茶の茶葉は緑茶と比べて黒っぽいこと、またイギリスの水でいれた紅茶は、日本や中国で言う紅い色ではなく、タンニンが出た黒っぽい水色になるから。英国を訪れる時には、ブラックティーという名前をお忘れなく。

イギリスにレモンティーはない?

紅茶の飲み方にも伝統を大切にするイギリスでは、昔も今も「ティー・ウィズ・ミルク」、つまりミルクティーこそが、紅茶本来の飲み方と言われています。紅茶にレモンを浮かべるレモンティーは、あくまでも特別な飲み方で、かつてロシアから伝わったことから「ロシアンティー」と呼ばれることもあるようです。

クリームティーは、誤解を生む

紅茶の本場イギリスには、「クリームティー」というメニューがあるのですが、多くの日本人は「紅茶に生クリームを浮かべたもの」と誤解しているようです。クリームティーの正しい意味は「スコーン2個、バター、クロテッドクリーム、ストロベリージャム、ティーポット入り紅茶、たっぷりのミルクと砂糖」のセットのこと。

ちなみにクロテッドクリームとはジャージー種の乳牛のミルクから作られる濃厚なクリームで、凝固=クロテッドしたクリームという意味です。このクロテッドクリーム、イギリスではスコーンを食べる時には欠かせない滋味豊かな味わいのクリームです。

テイスティングにも、ミルクが必須?

紅茶を鑑定する過程の中でも重要なテイスティング。茶葉の味を確かめるためにストレートで口に含むべきなのに、イギリスではテイスティングカップの中に、なんと牛乳が入っているようです。「それでは紅茶の味がわからないのではÅc」と聞くと、「いいえ、イギリスではミルクティーしか飲まないから、ミルクを入れないと味がわからないのです」との返事が、なんていうエピソードも。

  • 紅茶辞典

紅茶を知る

  • 茶葉を知る
  • 歴史を知る
  • 世界の紅茶を知る
    • 英国の紅茶
    • 日本の紅茶
    • アジアの紅茶
    • インド・中近東・アフリカの紅茶

紅茶を楽しむ

  • 作法を楽しむ
  • 味わいを楽しむ
  • 薀蓄を楽しむ

ページトップへ